刺繍で優勝旗やトロフィーの紅白ペナントを制作したい!ペナントリボンの書き方は?

こんにちは!roccia(ロッチャ)店長の岩切です。

優勝旗やトロフィーにかけられている紅白のペナントリボンですが、どこで買えばいいの?なんて方もいるのでは?

私みたいにスポーツの素人は、息子のバレーチームで会計係をするまでペナントを知りませんでしたからね(笑)

チームが優勝して、いざ買おうと思っても普通のお店には売っていないし、スポーツ店でもあまり見かけないですよね。

もし近所でお探しの場合は、ゴルフショップを訪ねると売っているかもしれませんよ。

 

当店では、そんなペナントリボンに刺繍で文字を入れて制作・販売しております。

たいていは字の上手い方がペンで書いたりするのですが、最近では刺繍で綺麗に仕上げるチームや学校が増えているんですよ。

もちろん個人の方もご自宅のトロフィーに飾るために購入する方もいらっしゃいます。

では、どんなイメージに仕上がるのかご紹介していきたいと思います。

刺繍で優勝旗やトロフィーのペナントを制作するにはどこで注文するの?

刺繍で制作する優勝旗やトロフィーのペナントとは?

ペナントリボンに直接書くのって結構たいへんですよね。

ペンで書くので失敗できないというリスクがあるし、文字のバランスも考えないと全員書くつもりがスペースが無くなってしまった…なんて経験はありませんか?

私のように字の下手な者が書くとせっかく優勝したのに、お粗末なペナントに…(^_^;)

昔は硬筆検定とか持っていたんですけどね~(笑)久々に書いたら超下手になってた(´д`)

文字はパソコンやスマホで入力するから滅多に書かないので、こんなに下手だったとは…画像で見るとかなりショックww

ペンで書くとこんな文字ですが、刺繍では右側の画像のように綺麗な文字で制作できちゃうんですね~。

 

そして、手書きでは黒一色になってしまうのがほとんどですが刺繍なら何色でも使うことが出来るんです。

↓下のように金色で『優勝』の文字も出来るし、好きな色で縁取りも出来るんですよ。

通常はこちらの画像のように文字は楷書で製作していますが、行書体も可能です。

どんな書体があるのかは、またブログで紹介していきますね。

 

せっかくなら優勝旗返還の際に目立つように、刺繍で綺麗にペナントを作りたいですよね♪

優勝旗のペナントって何年も何十年も大会が続く限り優勝旗に飾られているので、選手たちの栄光をたたえて刺繍でいつまでも美しく残しませんか?

 

刺繍ペナントを制作するには、どこで注文できる?

刺繍のペナントは当店で制作できますが、当店のYahoo!ショップにて購入が可能です。

紅白のペナントリボンは3種類ご用意しております。

一番大きいサイズは7.5㎝幅の90㎝丈です。他に中サイズ、小サイズもありますよ。

いずれも丈の長さは短くカットする事が可能ですので、トロフィーの高さに合わせて短くすることが出来ます。

 

ロッチャYahoo!店の刺繍紅白ペナントリボンはこちらから。

 

また、布で製作するオリジナルペナントもご用意しております。

優勝旗に紅白ではなく、赤や黒の布に刺繍で文字の入ったペナントを見かけることはありませんか?

紅白ペナントは裏側に下の画像のように刺繍の跡が残ります。

オリジナルペナントの方は刺繍後に布を縫い合わせるため、裏側に刺繍の跡は残りません。

オリジナルペナントの方は、11cmまで無料で横幅の調整も可能です。

詳細については、Yahoo!店のHPにてご確認ください。

 

当店のオリジナルペナントはこちらから。

 

もちろん、直接お見積りすることも可能ですが、お支払い方法が限られます。

カード払いやコンビニ決済などをご希望の方はYahoo!店をご利用ください。

お問い合わせなどはメールにて24時間受け付けております。⇒ 当店アドレス supprt@roccia.shop

ペナントリボンの書き方って何をどう書くの?

優勝の経験があまり無いと、ペナントにどんな風に書いたら良いのか悩みますよね。

当店へご注文される方の中にも、年度と大会名、監督、コーチ、マネージャー、選手をすべて入れたいと言われる方などいらっしゃいます。

もちろん何を書くのかは自由ですので、構いませんが…あえて優勝旗やトロフィー自体に書いてある長々しい大会名までは入れなくても良いと思いますよ。

通常は以下のような内容が多いですね。

  • 優勝年度(平成○○年度、2019年など)
  • 大会回数(第〇回、第〇回大会など)
  • チーム・学校名
  • 監督・コーチ名など
  • 選手名

 

年度は縦書きで「平成三十年度」と入れれば、1.5cm程度の小さめの文字でも間隔を空けて書けば約10cmは必要になります。

それを横書きで「2018」と入れれば縦の長さは短くなり、他の文字を大きく書くことが出来ますね。

刺繍で入れる場合は、大きい文字にする方がホントに仕上がりが綺麗です。

なので「優勝」や「全国制覇」の文字はもちろん、チーム名や学校名を大きくすることを推奨しています。

 

選手名は縦書き、横書きのどちらでも可能です。

背番号を入れることは可能ですし、剣道や柔道などの場合は「先鋒、次鋒…」などを入れることも出来ますよ。

とにかく決まりはありませんので、自分達のチームの優勝を刻むペナントを自由に格好良く作っちゃいましょう!

もちろん当店で依頼される場合は、お客様のイメージを元にレイアウトを製作して確認しております。

制作に関するアドバイスもしておりますので、お気軽に相談してくださいね。

 

まとめ

 

今回は、優勝旗やトロフィーのペナントリボンを刺繍でした場合と手書きの場合の違いや注文方法、またペナントリボンの書き方についてお伝えしました。

ペナントについて分からない点などあれば、いつでもお問い合わせくださいね。

 

 

 

 

ペナントの関連記事
  • 刺繍で優勝旗やトロフィーの紅白ペナントを制作したい!ペナントリボンの書き方は?
おすすめの記事